すぐわかる!フラット35の金利推移と時系列

住宅ローン【フラット35】の金利の推移はどんな感じ?今月と過去の前後の記録と合わせてグラフ化します。
金利の動向を見極めて、上手にお得に住宅ローンをプランニング!
2019/04/17

フラット35 固定金利の生活とは

人に固定金利がいいと言います。
私が固定金利を採用している理由は以下です。

固定金利ですが、月にしたら1万ぐらい変動金利より高いでしょうか。
安心に払うお金として、月1万。
惜しくないか言われたら惜しいのかなと一瞬思います。
年12万です。大金。旅行いけます。
ですが、割り切れます。

私は投資などにも関心があって、相場をみている者です。
住宅ローン金利も相場です。
日本の国債、長期金利などが関わり変化し続けます。
単純に、この相場というもの、本気で読めません。
何年も相場の中で生き残っている強者も同じ見解だと思っています。
やっぱり相場は生き物。御すことは無理。
頭を下げて退場します。

下がることもあれば、上がることもある波。
波である以上、性質上、下がり続けて停滞することもできないものだと何度も体験しているからです。
いずれ上がる。その時を読めるのか?対応できるのか?
30年規模の長いレース。勝てるのか?

無理です。シロウトには無理。
「不景気だからだいじょうぶ!」
景気が悪くても上がるときは上がります。
驚いたのはこの辺りを、知らない人がいます。
先読みしている銀行が恐ろしいです。

9割が変動金利と聞きましたが、固定金利です。
年12万の価値があるのか?ではなく
12万払ってコントロール不能の残酷な現実には任せられんという気分です。

変動金利のほうが安いため、業者はすすめます。
そらそうですよ、安いほうが契約してもらえます。
私でもそうします。

「危なくなったら固定金利にすればいい」

これなんです。危なくなったときには遅い。
変化する時。スピードめちゃめちゃは速いんです。
世の中はそんなに優しくできていませんでした、なんてあとから嘆いてももう遅い。
そんな風にならないといいです。
以上が固定金利にする理由です。リスク管理。
わたしはこれで納得しています。

posted by よりよい生活に向けて取り組む委員会 | フラット35 固定金利の生活とは
前の記事 > フラット35の「繰上返済」10万円からに | 次の記事 > 2015年8月 フラット35の金利推移